CITYNET横浜プロジェクトオフィスについて

CITYNET_transparent

CITYNET横浜プロジェクトオフィスは、2013年にCITYNET事務局が横浜市からソウル特別市に移転したのを契機として、国際協力事業を担う組織として新設されました。
シティネット加盟都市や団体を対象に、地域防災や防災教育、環境(環境教育やごみ問題)等をテーマにした国際協力事業を展開しています。

  1. 国際協力事業の企画・実施
    会員都市や団体のニーズに合わせた国際協力事業を企画し、横浜及び日本の持つ知見や技術を共有することで、会員が抱えている都市問題の解決に貢献しています。特に、防災クラスターの議長都市である横浜市とともに、防災分野の事業を多く実施しています。
  2. 本邦研修・視察対応・国際セミナーの実施
    会員からの要望に応じ、本邦研修や視察対応、セミナーを随時実施し、行政や民間企業、市民とも調整した幅広なプログラムを提供しています
  3. 国際広報活動の充実
    現地メディアを含む、様々な広報媒体を通じて、横浜から世界に対する情報発信を充実させています。また情報共有を通じた新たな事業展開へもつなげています。