配水ブロックシステムの構築

A. Case Study Overview

1.  事業名/ Activity/ Project Title:
配水ブロックシステムの構築
2.  テーマ/Themes:
Infrastructure
3.  要旨/Summary:  

高度経済成長期の人口増加に対応するべく、水道施設や配水エリアを急激に拡大したことで、配水管網が複雑化し、安定した水質、水圧での給水が困難であったが、地形や地域特性を考慮した配水ブロックシステムを導入したことで、安全な飲料水を安定的に供給でできるようになった。さらに、突発的な事故に迅速に対応できるだけでなく、エネルギー的に効率良く配水することが可能となった。

4.  セクター/Sector:
City : 横浜市水道局
5.  実施期間/Implementation Period:

1971年~1979年(約9年間)

6. 実施場所/Project Site :
横浜市内
7.  関係機関/Stakeholders&Partners:

B. Objective:

8.  目的/Objectives:
自然エネルギーを活用した効率的な配水管理、施設運用の確立

C. Activities

9.   活動プロセス/Activities:

地形や水需要など市内の各地域における特性を考慮したうえで、配水ポンプ場、配水池を各配水ブロックにそれぞれ一か所ずつ配置するようにした。また、ブロック内では高低差を利用した自然流下による配水を優先させ、ブロック間で水を相互に可能とする幹線を布設した。

D. Challenges and solutions:

10.  課題/Challenges and solutions:

高度経済成長期の人口増加に対応するべく、水道施設や配水エリアを急激に拡大したことで、複雑化した配水管網の効率化

E. Outcomes and Impacts:

11.成果・影響/Outcomes&Impacts:

配水ブロックシステムの導入により、下記4点のメリットがあった。

(1)水圧・水量制御が容易化

(2)配水の効率化

(3)事故時の影響を最小化

(4)ブロック間で緊急時の水の相互融通が可能

 

上記成果の結果の具体的な一例として、配水ポンプ場の数を80か所から22か所に集約し、よりエネルギー的に効率的な施設運用が可能となった。

F. Budget:

12. 予算/Budget:

約470億

13. 財源/Source:
水道料金収入、企業債及び国庫補助