【JICA】開発教育事業

A. Case Study Overview

1.  事業名/ Activity/ Project Title:
開発教育事業
2.  テーマ/Themes:
SDGs
3.  要旨/Summary:  

児童・生徒が、世界の開発課題と日本との関係を知り、それを自らの問題としてとらえ、主体的に考える力や、

根本的解決に向けた取り組みに参加する力を養うため、

JICAは開発教育を推進する事業を実施しています。

4.  セクター/Sector:
Organization : 独立行政法人
5.  実施期間/Implementation Period:

通年

6. 実施場所/Project Site :
JICA、学校現場
7.  関係機関/Stakeholders&Partners:

B. Objective:

8.  目的/Objectives:
児童・生徒が、世界の開発課題と日本との関係を知り、それを自らの問題としてとらえ、主体的に考える力や、
根本的解決に向けた取り組みに参加する力を養うため

C. Activities

9.   活動プロセス/Activities:

教員向けには、「教師海外研修」を通じて、開発途上国

の教育現場を視察し、帰国後の授業実践に活用するため

の機会を提供しています。

 さらに各国内拠点では、開発教育の手法や事例を学ぶ

ための「開発教育指導者研修」を実施しており、先生方が

受講しています。

 児童・生徒向けには、学校に青年海外協力隊経験者等

を派遣する「国際協力出前講座」や、「国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト」を実施しており、多くの児童・生徒が参加しています。

D. Challenges and solutions:

10.  課題/Challenges and solutions:

2020年度より施行された新学習指導要領で重視され

ている「持続可能な社会の創り手」育成の具体的な取り組

みが進展しており、またSDGsや多文化共生に関する多様な動きに対応しています。

E. Outcomes and Impacts:

11.成果・影響/Outcomes&Impacts:

開発教育指導者研修には、毎年9000名以上の先生方が参加しています。

国際協力出前講座は、毎年2000校以上の学校に講師を派遣しています。

国際協力中学生・高校生エッセイコンテストには、毎年6万人以上の児童・生徒が参加しています。

これらを通して、私たちの暮らしとSDGsとのつながりや、SDGs達成に向けて一人ひとりにできることを考えるきっかけを提供しています。

F. Budget:

12. 予算/Budget:

13. 財源/Source: