【FAO】世界農業遺産

A. Case Study Overview

1.  事業名/ Activity/ Project Title:
世界農業遺産
2.  テーマ/Themes:
SDGs
3.  要旨/Summary:  

次の様々な特徴に応じ、世界的な遺産価値を認定する仕組み:

幾世代もの年月を費やし、気候や地理的な制約要因を知恵と工夫で克服して環境に適応し、農薬や肥料などに過度に依存せず生態系とも調和し、様々な作物の組み合わせで収量の変動を抑え、作物間の相互作用を巧に利用する農業栽培種の多様性を実現するもの。

また、長い年月の自然への働きかけにより、見事な景観を形成。これら一連の営みにより文化が形成され、知識や知恵を伝承する組織的活動も発生するもの。

4.  セクター/Sector:
Organization : NGO、City、Others:都道府県
5.  実施期間/Implementation Period:

2002年~

6. 実施場所/Project Site :
全世界
7.  関係機関/Stakeholders&Partners:
国連大学、地方自治体

B. Objective:

8.  目的/Objectives:
保全し次世代に継続し、また、遺産的価値を維持しつつ、それらを取り巻く諸環境に適合し、経済的・社会的な発展を促す能動的保全(Dynamic Conservation)を目指す。

C. Activities

9.   活動プロセス/Activities:
  • 各国からの申請→GIAHS事務局審査→現地調査を含めた科学委員会の評価審査という一連の手続きでのGIAHS認定
  • GIAHS普及や、加盟国の能力構築のための様々な勉強会の実施
  • 途上国のGIAHS認定推進のため、途上国の関係者・担当者を招聘し、日本のGIAHS認定地訪問、及び意見交換。


@FAO-GIAHS「トキと共生する佐渡の里山」

D. Challenges and solutions:

10.  課題/Challenges and solutions:
  • GIAHS認定のため、GIAHSの理解度の向上及び申請書作成のための能力構築・普及。申請方法のよりわかりやすい手引書作成等。
  • 認定地の偏りがあり、特に途上国の認定地が少ないため、そのような国々を対象にした国内議論の進め方や検討体制方法の指針の確立。
  • Dynamic Conservationなので、認定されて終わりではない。 認定後の現状把握と評価の実施などの指針作成。

E. Outcomes and Impacts:

11.成果・影響/Outcomes&Impacts:
  • 2005年以降、22か国で62サイトが認定されている。日本国内は、2011年以降、11サイトが認定されている。
  • GIAHSの重要性とその保護のための制度的支援の世界的および全国的な認識の活用。
  • GIAHSを保護および管理し、収入を生み出し、持続可能な方法でその商品・サービスに経済的価値を付加するための、地元の農業コミュニティおよび地方および国の機関の能力開発。
  • GIAHSの保全、進化的適応、実行可能性を支援するための規制政策とインセンティブ環境実現の促進。

F. Budget:

12. 予算/Budget:

13. 財源/Source: