【WFP】ウォーク・ザ・ワールド

A. Case Study Overview

1.  事業名/ Activity/ Project Title:
【WFP】ウォーク・ザ・ワールド
2.  テーマ/Themes:
SDGs
3.  要旨/Summary:  

世界の子どもの飢餓をなくすため、チャリティーウォークを開催する。国連WFPの学校給食支援の輪を広げるために年に一度以上定期的に実施し、集められた参加費の一部を学校給食支援の寄付に当てる。この給食支援により、子どもたちの教育の機会を広げ、暮らしを守る手段となります。

4.  セクター/Sector:
Organization : 国際連合世界食糧計画WFP協会
5.  実施期間/Implementation Period:

2020年5月予定 横浜(大阪、名古屋開催予定あり)

(2020年、2021年は新型コロナウイルス蔓延の影響により、開催中止。一部自主開催有・申請受付中。)

6. 実施場所/Project Site :
横浜:みなとみらい (大阪・名古屋は開催地未定)
7.  関係機関/Stakeholders&Partners:
<横浜での取組>
【後援】
WFP 国連世界食糧計画 日本事務所、横浜市、横浜商工会議所、
(公財)横浜市国際交流協会、日本ウオーキング協会、神奈川県ウオーキング協会、
パシフィコ横浜、FMヨコハマ、NHK横浜放送局、tvk
【特別協賛】
DSM、日清食品ホールディングス、フォーエバーリビングプロダクツジャパン、ファミリーマート
・・・その他協賛多数

B. Objective:

8.  目的/Objectives:
チャリティーウォークを通して途上国の子どもたちの飢餓をなくすための学校給食支援を行う。

C. Activities

9.   活動プロセス/Activities:
  • 参加者の申し込み(インターネット・電話)
  • 開会式
  • 3km(横浜のみ), 5km, 10kmコースごとの運営
(c)Mayumi Rui (c)JAWFP

 

 

 

D. Challenges and solutions:

10.  課題/Challenges and solutions:

参加者5000名を超えるイベントとなり、安全・安心な実施運営管理が求められる。

E. Outcomes and Impacts:

11.成果・影響/Outcomes&Impacts:

2019年度時点で過去最高の6,661人が参加し、5,991,820円が国連WFPの途上国における学校給食支援へ寄付に当てられることとなった。

これにより、およそ199,000人の子どもたちに給食が届けられることとなった。

 

横浜みなとみらい会場

  • 参加数:5,003人(小学生378人)寄付: 4,700,600円

大阪会場

参加数:1,658人(小学生102人)寄付:1,291,220円

F. Budget:

12. 予算/Budget:

-3会場を含めて約4千万円

13. 財源/Source:
-協賛金及び参加費の一部