【FAO】JISNAS-FAO マンスリー合同セミナー

A. Case Study Overview

1.  事業名/ Activity/ Project Title:
JISNAS-FAO マンスリー合同セミナー
2.  テーマ/Themes:
SDGs, Others: 国際開発問題
3.  要旨/Summary:  

月1回、約1時間半のオンラインセミナーで、FAOの最新の技術的知見や情報を、日本の学生、研究者及び研究機関に幅広く共有する。

4.  セクター/Sector:
Organization : FAO駐日連絡事務所(Food and Agriculture Organization of the United Nations Liaison Office in Japan)
5.  実施期間/Implementation Period:

2021年5月より毎月1回目途 

6. 実施場所/Project Site :
オンライン
7.  関係機関/Stakeholders&Partners:
JISNAS (農学知的支援ネットワーク)   

B. Objective:

8.  目的/Objectives:
情報発信する貴重なチャンネル提供、及び日本-FAOのより一層緊密な連携の推進

C. Activities

9.   活動プロセス/Activities:
  • 月1回目途で、FAOの最新の技術的知見や情報、時宜のテーマ、JISNASから提案等でトピックを決め、オンラインにてセミナーを行う。
  • 同時通訳もいれ、講師は海外からも招聘。
  • 結果について、適宜録音データ・報告をウェブサイト等で広く拡散、共有していく。

D. Challenges and solutions:

10.  課題/Challenges and solutions:

案内や結果の拡散・周知について、より一層の努力が必要。

E. Outcomes and Impacts:

11.成果・影響/Outcomes&Impacts:

講演依頼が来たら受ける、という受動的でなく、能動的に最新の特に食料・農業分野における国際開発協力の問題・議論等を幅広く興味のある方々に提供できる。

F. Budget:

12. 予算/Budget:

13. 財源/Source:
-